• ホーム
  • 会長挨拶
  • 委員会紹介
  • 活動報告
  • 会員事業所案内
  • 入会のご案内

トップページ > 活動報告 > チャリティバザー収益金を寄付致しました

活動報告(H29.10.10)

チャリティバザー収益金を寄付致しました

 9月20日(水)に、去る7月21日(金)に松江商工会議所にて開催致しましたチャリティバザーの収益金の一部を児童養護施設 双樹学院様に持参しましたのでご報告致します。事業委員会より伊原監事、松本委員、広報委員会より吉村副会長、日野委員長の計4名がお伺いいたしました。双樹学院は、古志原の一角の閑静な住宅街の中にあり、武道館や寮を併設した施設となっておりました。
 小林学院長様に収益金の一部をお渡した後、ご多忙の中、貴重なお話を伺わせて頂きました。現在、幼児から18歳までの児童約60名を受け入れられておられ、愛情と責任感を基に、子供達の幸せと心豊かで健やかな成長を見守り、社会的自立と家庭復帰に向けて支援しておられるそうです。複雑多様化する家庭問題、貧困や虐待、発達障害や情緒障害を抱えている子供達が家庭的な雰囲気の中で安心感を持って生活できるようにと努めていらっしゃいます。
 今では薄れてきている地域で育てる取り組みもされておられ、新しい寮「有燐」を建設されて6人の子供たちに家族の一員としての温もりのある生活を体験する試みをされておられます。
 子供達の話をされる小林院長様はとても穏やかでいらして、お言葉に子供達への深い愛情とお人柄が感じられました。そして、「本日の商工会議所女性会様の志は、子供達の自立の為に大切に遣わせて頂きます。」とのお礼の言葉を頂きました。
 この度、バザーの為に品物を提供頂きました会員の皆様、ご購入頂きました沢山のお客様に心より感謝いたします。有難うございました。


広報委員会 日野由紀子