• ホーム
  • 会長挨拶
  • 委員会紹介
  • 活動報告
  • 会員事業所案内
  • 入会のご案内

トップページ > 活動報告 > 全商女拡大理事会に出席して

活動報告(2015年7月17日)

全商女拡大理事会に出席して

 去る、6月30日から7月1日、福島県に於いて、全国商工会議所女性会連合会の拡大理事会が開催され、山口会長と出席致しました。(事務局も出席)
 何より感動したのは福島県の皆様の「元気」です。福島駅に降りると、駅員の方が3人くらいで、「福島への応援有難うございました!」の横断幕を揚げて歓迎して下さいました。津波と原発事故の被災後4年も経過しているのに、皆様素晴らしい笑顔でした!
 そして、福島女性会の皆様は、お揃いのピンクの法被で、「お待ちしていました!」とテキパキと誘導して下さり、到着早々に旅の疲れも吹き飛ぶほどのエネルギーを頂きました。
 そして早速、総務、政策、広報、企画調査と4つの委員会に分かれての会議があり、松江は総務委員会に参加しました。平成27年度事業計画として、女性の活躍推進を活発にする女性会を支援する、東日本大震災からの支援を今後も継続的に支援する等決まりました。また、討議テーマとして事業表彰の候補先の発掘について、さらに会員増強についてどのような対応をしているか等質問があり、山口会長は「会員が楽しんで活動している事をアピールすればおのずと増強に繋がるのでは?」と発言されました。
 会場を移しての拡大理事会では、全国商工会議所女性会連合会の山崎登美子会長様の議事進行で、平成26年度事業報告及び収支決算(案)全ての承認があり、続いて新任役員の紹介がありました。意見交換の場では、少子化問題や女性会として婚活に取り組まれている事例があり驚きました。子育ての環境を整えること、女性経営者としての資質を高めること、女性起業家大賞の応募状況について等、女性ならではの視点で活発に意見交換がされました。(約150名が出席)
 続いての懇親会では、福島市長様の挨拶が感動的でした。震災の風評被害の対策として、福島の水道水をモンドセレクションに応募し、厳しい審査をパスして、なんと金賞を受賞されたそうです。「生涯で1番嬉しい出来事でした」と嬉しそうに語られました。
 そして翌日のエキスカーションは、さくらんぼ狩りという素敵な企画でおもてなしをして頂きました。市内の視察で仮設住宅が点在する中をバスで巡りましたが、まだまだ応援の気持ちを止めてはならないと改めて思いました。とかく地域限定になりがちな活動も、全国の組織に視野を俯瞰してみるという、貴重な体験をさせて頂き、福島県での開催の意図を、深く受け止める事が出来ました。

広報委員会 清水 洋子